商売・金運の大神 水清き花の社


 金 蛇 水 神 社 カ ナ ヘ ビ ス イ ジ ン ジ ャ


 


 


秋季例祭(秋まつり)


当神社の秋まつりは10月8日(日)。収穫の祈願をする『祈りの祭り』である春祭り「花まつり」の対となる、収穫を終えての『感謝の祭り』です。また日々の「みはからい」に対して神恩の報謝をいたしましょう。

10時より神事。境内の特設舞台で「巫女舞」の奉納ほか、一般技芸奉納などが行われます。



10月8日 (日)  (例年10月中頃の日曜日)
【日程】


10時     例祭神事


10時30分  巫女舞「悠久の舞」奉納


11時     一般技芸奉納


13時30分  巫女舞「浦安の舞」奉納


14時00分  ひだまりコンサート



一般技芸奉納

柳生心眼流甲冑兵法演武
仙台柳心会 殿 

尺八琴古流奉納演奏
宮城竹友会 殿 

裏千家 献茶・野点茶会  

小泉社中 殿 

ひだまりコンサート

フルート・オカリナ  齋藤みずほ 殿

キーボード  馬場 千尋 殿

和太鼓  和太鼓 心 殿










七夕あじさい祭り・弁財天例祭

金蛇弁財天は東北最大級の等身大の八臂弁財天。本社と同じく水の神であると同時に、芸能・知恵の神であり、七福神にも数えられる福の神。この日に年に一度の弁財天神像の御開帳がございます。


御開帳の後、10時より神事。10時30分より巫女舞奉納、続いて一般奉納技芸。午後も1時30分より巫女舞奉納がございます。

当日は「技芸向上」「学業成就」「福徳円満」など、弁財天社での弁財天例祭特別祈祷も行います。紫陽花も見頃。金蛇弁財天例祭にどうぞお詣りください。



   
7月2日 (日)  (例年7月第1日曜)
【日程】

朝       弁財天神像御開帳

10時     例祭神事

10時30分  巫女舞「悠久の舞」奉納

11時     一般技芸奉納

13時30分  巫女舞「浦安の舞」奉納




一般技芸奉納


日本舞踊 正派若柳流   若柳宝月殿
クリスタルボウル演奏      川村かなえ殿

献茶・野点茶会 裏千家 小泉社中殿






【弁財天の御守】

−弁財天智恵守−



『弁財天智恵』は弁財天の、「学業成就・試験合格」「ぼけ封じ」、「技芸上達」、「福徳円満」などの御力を封入した袋守です。

弁財天例祭特別祈祷をお受けの方には、神符とともに授与いたします。


−美人鏡守−
 

封入された鏡の力により穢れを祓い、心身共に美しくあれるよう金蛇水神社、弁財天社にて祈願された御守です。「牡丹色(ピンク)」「藤色(薄紫)」の2種ご用意しております。
 






花まつり・春季例大祭


牡丹は「富貴花」とも言われ、富の象徴の花。当神社に最も相応しい花として、例大祭での献花の趣旨で外苑の牡丹園にて育てております。

5月の中頃、藤・ツツジも彩りを添え、境内は一大華苑となりますので、参拝者の皆様には花々・自然を通して大神様の恵みを感じていただきたく存じます。

例大祭は大神様の御力が最も高まる時。牡丹・藤・ツツジの花々の響宴、金蛇水神社花まつりへどうぞお詣りください。



  花まつり 5月8日から21日 例大祭 5月15日から21日


※本年より日程を変更しております


牡丹園入園料は本年も全額被災地への支援金といたします 被災地支援






◇花まつり 交通規制・臨時バス案内


直通臨時バス 13日(土)14日(日)20日(土)21日(日)  駅西口から神社



バス時刻



【 『花まつり御朱印帳』 ・ 花まつり御守 『香り花守』 】


花まつり期間に『花まつり朱印帳』と『香り花守』を授与いたします。

受けられたい方は期間中、授与所へお越しください。期間ほか数量に限りがありますので、ご了承ください。





本年より授与が始まる『花まつり朱印帳』は、花まつりの期間のみ授与されるオリジナルの朱印帳です。通常のものより一回り大きく、牡丹と藤が絵と箔で意匠されております。


 


『香り花守り』は藤・牡丹の柄が入った、花のよい香りがする巾着・匂い袋の御守です。今年は白と、本年の花まつりのイメージの浅葱色(薄い藍色)となっております。